事業内容

 

非常用自家発電機の出力確認負荷試験

消防法により非常用発電機は年に1回の負荷運転の点検が義務付けられています

消防法で定められている負荷運転は、電気事業法の月次点検とは異なり、消火活動に必要なスプリンクラーや消火栓ポンプを動かす為に必要な出力確認の点検です。

なぜ30%以上の負荷試験が必要なのか?

月次点検等で行なっている無負荷(空ふかし)運転点検だけを行っていると、エンジン内にカーボンが堆積されます。その為、1年に1回は、30%以上の負荷運転を行い、堆積されたカーボンを燃焼排出させておかなければ、非常時に発電機が正常に動かず、消火活動が出来なくなる怖れがあるからです。

出力不足→作動せず→消化活動不能→二次災害

自家発電設備の定格出力が、加圧送水装置の出力を上回っていなければ、スプリンクラーや消火栓は稼働せず消火活動ができません

非常用自家発電機の30%出力確認負荷試験とは?

負荷試験機によるカーボン燃焼排出の点検

  1. 黒煙状態をみながら5%〜20%まで少しずつ負荷をかけていく
  2. 負荷を30%まで上げ、30分間運転状態をみる
  3. 10%、20%、30%出力毎に、電圧、電流の測定を行う

弊社のポイント

点検時間の短縮
作業は停電をさせず約1〜2時間で簡単に発電機の試運転と30%負荷試験確認及び点検データの作成ができます。
黒煙の心配ナシ
黒煙除去装置を使用することで、黒煙対策ができますので、黒煙の心配はありません。
騒音作業は最小限
模擬負荷試験では、微調整しながら負荷をかける事が出来るので、騒音を最小限に抑えながら作業する事ができます。

非常用設備には下記の4つの定期点検が必要です。

電気事業法の点検

点検時期と点検箇所 点検内容 点検業者
月次電気点検と起動運転(無負荷)
  • 電気系統の正常作動確認
  • 受変電設備
  • 発電機等の起動運転(約5分)
    (出力確認の消防法の点検ではありません・無負荷運転)
電機設備点検業者

消防法の点検

点検時期と点検箇所 点検内容 点検業者
2 6ヶ月に1回の機器点検
  • 消火器・火災報知器
  • 避難器具・ガス漏れ警報器
  • 誘導灯等の防災設備等の主に目視点検
消防点検業者
3 年1回の総合点検
  • 消火器・火災報知器
  • 避難器具・ガス漏れ警報器
  • 誘導灯等の防災設備等の機能点検

弊社サポートはこちら

点検時期と点検箇所 点検内容 出力負荷点検業者
4 年1回の負荷機能点検

  1. 機能運転点検
  2. 30%出力確認点検
  3. 出力データ作成
  1. 機能点検:
    バッテリー・ファンベルト・オイル・フライミング操作及び黒煙等の点検(約15分)
  2. 負荷試験機を接続して30%以上の出力確認点検(30分)
  3. 出力データ作成
一般財団法人日本発電機整備振興会
全国認定施工店

消防点検の<自家発電機>総合点検報告書